ニュース

.
2021年10月8日 : ユングストロームがニューヨーク州の最新洋上風力プロジェクトの主要サプライヤーに選ばれました

2021年10月8日

 

ユングストロームがニューヨーク州の最新洋上風力プロジェクトの主要サプライヤーに選ばれました

ユングストロームは、米国Riggs Distler&Company社と、米国ニューヨークの最新洋上風力プロジェクトである「Sunrise Wind」に特殊構造用部品を提供する契約を締結しました。 オーステッド社とEversource社共同開発によるこの風力発電所は、100%再生可能エネルギーで約60万世帯に電力を供給することによりニューヨーク州が2040年までにカーボンフリーのエネルギーグリッドを達成することを支援します。

ユングストロームは、洋上風力発電機の基礎部分を構成する支持内部プラットフォームやアノードケージアセンブリなどの鋼製部品を提供するために、ニューヨーク州ウェルズビルの施設における製造能力を拡張し、20万人時間の熟練した労働力を雇用することを計画しています。 –

洋上風力発電機基礎の大手メーカーであるSmulders Groupは、ユングストロームおよびRiggs Distler&Company社と主要技術移転に関する契約を締結しプロジェクトをサポートします。

「本プロジェクトは、ユングストロームにとって、当社が持つ高度なスキルと専門知識を用いて、洋上風力発電の地域的成長をサポートする絶好の機会です。私たちの高い製造能力と卓越した品質で、本プロジェクトならびに将来の洋上風力プロジェクトをサポートできることを嬉しく思います。」 とユングストローム米国法人のマネージングダイレクターであるマット・フェリスは述べています。

本件は、急成長している洋上風力発電市場へユングストロームの事業を拡張する戦略の一環としての重要なマイルストーンとなります。

https://cms.ljungstrom.com

 

.

2021年8月30日 : ユングストロームは中国の窒素酸化物(NOx)排出量削減に貢献しています

2021年8月30日

ユングストロームは中国の窒素酸化物(NOx)排出量削減に貢献しています

ユングストロームは、脱硝装置(SCRシステム)用のガスガスヒータ技術を提供し、中国の鉄鋼プラントにおけるNOxの超低排出化の実現を継続してサポートしています。 – これらのSCRプラントは、大気汚染を低減するために既存設備を改造したものであり、この取り組みは2018年に制定された大気汚染防止のための3か年行動計画の重要な一部となっています。

萊蕪鋼鉄集団(Laigang Group)は、生産能力1,000万トン以上の超大型鉄鋼コンビナートであり、H形鋼、歯車鋼、粉末冶金製品の中国最大の生産拠点です。

ユングストロームは、契約締結から60日以内に支持構造を、90日以内に残る全ての製品を納入するという非常にタイトな納入スケジュールの下で、3基のGGHユニットを納入完了しました。 また、据付、試運転、およびプラント起動の完了後にはGGHの性能が契約上の技術要件すべてを満たすことが確認され、お客様とプラントオーナーからプロジェクトのタイムリーな完遂とユングストローム®ガスガスヒータの品質に対して高く評価されました。

「当社の実績にもとづく高品質の機器が中国の大気汚染削減に重要な役割を果たし、継続的にお客様に信頼されていることを嬉しく思います。上海、北京、南通の私たちのチームは、お客様からの技術的要求と厳しいスケジュールに応えるためにたゆまぬ努力を続けています。」 とユングストローム中国法人のマネージングダイレクターであるハイミン・リは述べています。

 

.

2021年8月10日 : ユングストロームが大型横軸型ガスガスヒータの取替を短期間に完了しました

2021年8月10日

ユングストロームが大型横軸型ガスガスヒータの取替を短期間に完了しました

東日本に位置するある製鉄所の焼結工場は、ローター径が10メートルを超える大型の横軸型のユングストローム®ガスガスヒータ(GGH)を備えており、運転期間は40年以上に及びます。 過去3〜4年間、設計寿命を超えた長期間の運転によるさまざまな問題に直面しており、この老朽化した機器を新しい機器交換することが急務でしたが、一方で、取替のための長期にわたるプラント停止を回避しなければならないという難しい決断に迫られていました。 GGHの解体と据え付けには通常約8か月が必要ですが、プラントの運用ニーズと地方自治体の環境規制による制限により、取替実施のために許された停止期間はわずか2か月でした。 ユングストロームは、このスケジュールと現地スペースの制限を詳細に分析した結果、全体工期を60日に短縮する新しい工法を開発しました。

厳しいプロジェクトスケジュールでありながら、海上輸送や通関の遅れなどの新型コロナ感染症によって発生した新たな問題にも対応しました。 法令順守と、お客様のニーズを満たしながら、プラント停止期間に先立って、まず運転中の既設GGHの横の限られたスペースで新しいローターユニットの事前組み立てを完了しました。 – 停止期間中の1週目に古いGGHを撤去したうえで組み立て済みのローターユニットを大型クレーンで持ち上げるなどの工夫をこらし、残りの7週間でスムーズに新しいGGHの据付工事を完了しました。 –

「このプロジェクトは大成功であり、難題を抱えたお客様をサポートしたいという強い思いが柔軟な発想を生み出し私たちの強みとするエンジニア力を発揮することができました。 目標達成を誓い、専門知識、リソースを集結することにより、厳しい工期の中でGGHの取替を無事に達成することができたことを誇りに思います。」 とユングストローム日本法人の代表取締役社長である宮本知治は述べています。

 

.

2021年5月27日 : 競合他社の機器にターンキーサービスを提供する能力を増強

2021年5月27日

競合他社の機器にターンキーサービスを提供する能力を増強

ユングストロームは、オーストラリアで20年前に納入されたローテミューレタイプ空気予熱器の大規模整備を無事に完了しました。

ユングストロームは、オーストラリアで20年前に納入されたローテミューレタイプ空気予熱器の大規模整備を無事に完了しました。 西オーストラリア州に位置するコリー発電所(340MW)は、1999年に競合他社から供給されたローテミューレタイプ空気予熱器を採用し運転を開始しましたが、その複雑なツインフロー設計と回転フードのシーリング装置の配置のために、定期点検間の運用において機器の健全性を維持することに苦慮していました。 プラント運用上の複数の重大な問題を解決するために、すべての問題に単独で対応可能なサービス提供者を探した結果、ユングストロームが請け負うことになりました。 ユングストロームは、機器の設計と性能を入念に検討、分析し、従来の設計諸元以上に機器の性能を向上させることが出来る技術ソリューションとアップグレードから成るターンキーパッケージを開発しました。

最新のヒーティングエレメントをカスタム設計のバスケットに挿入して提供し、シーリング装置も完全に入れ替えることにより、空気予熱器は最新技術を備えた全く新しい状態に効果的に改良されました。 –

ユングストロームは、プロジェクトのターンキー契約者として、健康、安全、環境の要件に細心の注意を払いながら、あらゆるプロジェクト作業を綿密に監督しました。 ソリューション全体の完遂には18,000人時間以上を費やしましたが、新型コロナ感染症流行下の制約がある中で達成できたことは、オーストラリアのチームにとって大きな成果となりました。

プロジェクトの完了後、リークやファンの動力損失の劇的な低減などすべての保証内容を達成し、大幅な性能向上の結果著しい運転コスト節減につながりました。 「本案件は、自社製品のみならずローテミューレタイプ空気予熱器に対しても私たちの技術を適用できることを実証した重要なプロジェクトです。私たちが提供する、部品の長寿命化と同時にメンテナンスコストを削減するソリューションに大きな関心が寄せられており、お客様の運用目標の達成を支援することに今後も注力します。」 と ユングストロームオーストラリア法人のマネージングダイレクターであるトーマス・バーバルドは述べています。

ユングストロームは、機器の性能と保守性を改善する最新のテクノロジーを装備せずに機器の保守を続けているお客様にも有効な解決策を提供します。本プロジェクトのターンキーサービスの成功と機器性能の達成は、ユングストロームが他社製機器に対しても製品・サービスを提供可能であることを示しています。

 

.